源泉掛け流しの宿 口コミ情報(関東)
源泉掛け流しの宿

【口コミ情報】
北海道
東北2008
東北2009
東北2010
東北2011
関東2008
関東2009
関東2010
関東2011
信越2008
信越2009
信越2010
信越2011
東海2008
東海2009
東海2010
東海2011
北陸
関西2008
関西2009
関西2010
中国
四国
九州2008
九州2009
九州2010
九州2011














◆口コミ情報〔関東〕
[2011.2.19]
群馬県の水上温泉郷「宝川温泉」(汪泉閣)をオススメします。今迄200ヶ所以上行った温泉の中で、大きさ(広さ)では一番!日本有数の「露天風呂」です。蔵王の大露天風呂、草津の「西の河原」露天風呂を上回る圧巻の「でっかさ」。40〜50人も入れる露天風呂が4つ(混浴が3つ・女性専用が1つ)もあり、全て「常時源泉掛け流し」。奥さんと混浴の「はしご」ができます。山奥にあり、秋の紅葉も抜群です。確か?女性用の「湯着」?のレンタルもあり安心です。宿泊はむろんOK。日帰り入浴も楽しめる「秘境の温泉(宿)」です。通路にはご主人の道楽?のおもしろグッズ?(いろんな物)がいっぱい!楽しいですよ。もう1度行ってみたい「秘境の温泉」です。期待を裏切らない「秘湯」ですので自信をもってオススメします。(刈谷の金ちゃん)

宝川温泉 汪泉閣


水上ICから30分程の美しい自然の中にある秘湯の一軒宿。広大な敷地にはつり橋が2つも架かり、4つの大露天風呂が点在する。四季折々表情の変わる自然の中で楽しむ大露天風呂は心も体も癒してくれる。
[2011.3.30]
奥日光湯元温泉「湯元 板屋」さんを推薦します。奥日光湯元温泉はいろは坂を登り、中禅寺湖、竜頭の滝、戦場ヶ原を抜けた先の「湯の湖」に隣接し、温泉神社、温泉寺のある一帯にあり、近くに行くと硫黄の香りが漂ってきます。5月連休前には金精峠を抜けて菅沼・丸沼の群馬方面にも行けます。「湯元 板屋」さんは温泉神社そばに位置し、新鮮な硫黄泉かけ流しの素晴らしいお風呂と品書き通りに順に供される「懐石料理」と謳ってもよい内容の美味しい会席料理が楽しめます。標高1500mの高地なので、寒い時期は訪れる方も少ないようですが、それなりの装備と運転であれば車でも問題有りませんし、鉄道・バスでも行けます。サラサラの雪と湯けむりの中での温泉は情緒たっぷりです。(スカ7)

湯元 板屋


2千メートル級の山々に囲まれ、四季を通じて大自然を堪能できます。 効能豊かなにごり湯と旬の会席料理が自慢の老舗の宿です。
[2011.4.9]
栃木県は栗山村の八丁の湯温泉と加仁湯温泉が秘湯として有名です。どちらも鬼怒川の源流近くですが、八丁の湯は無色透明で湯量豊富です。家風呂より露天風呂が売りです。3個の湯船はどの湯船からも前面に滝がとうとうと流れてまさに圧巻です。紅葉の時期でした。雨にうたれながら傘をさして周囲の錦秋を眺める事が出来て最高のひとときでした。宿のスタッフの方々の応対もよく、都会のストレスも癒されとても満足でした。

加仁湯温泉の少し白濁した泉質は、とても体が癒される感じです。広い湯船で瞑想にふけるのは都会の喧騒を忘れ気分を爽快にしてくれます。温泉と親切な宿のもてなしは、何度でも訪れてみたいという想いが湧きます。そんな感じの温泉でした。どちらも最高です。ただし、女夫淵温泉前の駐車場に車を置いて宿の送迎車に乗り換えて約30分近く、これが秘湯の魅力です。私にはそう感じられました。(てーりー)

加仁湯


人里離れた奥鬼怒の、豊かな温泉と大自然に囲まれた秘湯の宿「加仁湯」。毎年訪れる常連客も多く、連泊してハイキングを楽しむなど、自然を満喫。平地より8度ほど気温が低く夏の涼しさ格別!
[2011.7.20]
石和温泉・名石の宿かげつ(山梨県)がオススメです。とにかくその庭の豪奢な作りにびっくりし、一軒家風の部屋、創作地場料理の腕前も驚かされました。温泉は以前は混浴だったそうですが、今は仕切りができてます。(苺子)

銘石の宿 かげつ


石和温泉の中心に位置する貴賓溢れる老舗旅館。敷地6000坪の美しい日本庭園には、全国からの銘石・巨石・奇石が豪快に配されている。築山もある庭には清流や1万匹のもの鯉が遊ぶ池、20もの滝が眺められる。
[2011.8.10]
標高1800mの万座温泉万座亭を推薦します。高所に有るので暑さを忘れて過ごす事が出来ます。温泉は硫黄の香りと乳白色のお湯で白煙を上げる山々を見ながら入るログ作りの露天風呂は最高です。食事はフキの煮物、漬物、笹豆腐等、山の幸が沢山です。朝はバイキングで自分の好きな物をお腹一杯食べる事が出来ます。ホテルに飲み物の自販機は有りますがコンビニ等は無いので必要な物は買って行った方が良いかもしれません。車で行く場合軽井沢IC〜万座〜信州中野IC、この逆でも良いかも?途中には国道最高地点や運が良ければ富士山等見れる展望台があり、道路も良くドライブには最高です。(せいちゃん)

万座亭


日本一高所に佇む温泉宿。星は手に届くほど近く、空は驚くほど藍い。良質な白濁の湯は湯畑から引き湯し、勿論掛け流し。品数豊富な食事は、万座で採れる名物の山菜を始め、嬬恋高原の新鮮野菜が愉しめる。
[2011.8.10]
今回の推薦宿は格別です!群馬県四万温泉の積善館です。宮崎アニメ好きなら泣いて喜ぶあの「千と千尋の神隠し」のモデルの一つになった江戸時代創業の老舗ホテルです。アニメのモデルになった本館は老朽化や安全上(消防法)の関係で宿泊できませんが、館内ツァーが組まれており、アニメのワンシーンとの比較ができたり、とにかく楽しめます。国の文化財に登録されている「元禄の湯」も江戸時代にタイムスリップしたような錯覚に陥ってしまいます。

そして何よりこのホテルにはおそらくは旅館も意図していないだろうと思うサプライズが・・・何と今年地元の学校を卒業したての従業員で千(千尋)にそっくりな娘さんがいるのです。しかも制服、髪型まで千とそっくり!!宮崎アニメのモデルになったホテルで千とそっくりなかわいい娘さんの接待を受けるなんて夢にも思っていませんでした。旅から帰って1ヶ月。このホテルの本館で彼女を被写体にして写真を撮ることをお願いしなかったことを悔いています。(ゆ)

積善館 本館


元禄創業、築300年を超える湯宿の一部は重要文化財に指定され、大正ロマン漂う元禄の湯には日本中から多くの温泉ファンが訪れる。数々の歴史の舞台となった館で昔ながらの湯治スタイルの宿泊が楽しめる。

積善館
(佳松亭積善・積善館山荘)


全室チェックアウト11時!ジブリファン必見!ジブリ作品・監督の謎を19代目亭主が大胆に解き明かす!アニメツアー&歴史ツアー開催。無料貸切風呂を含む4種のお風呂もご自由に!
[2011.11.5]
万座温泉(万座プリンスホテル)は標高1800mにあり、通年車で行ける最高所の温泉で、「星に一番近い温泉」だそうです。また、これほど山奥になりながら弥生時代という古い時代から利用されていたそうで、日本人の温泉好きを感じざるを得ません。残念ながら今回は曇り空、翌朝には雨に変わるという空模様で、満天の星空を見ることはできませんでしたが、白濁したお湯は硫黄のにおいが強く、草津温泉に近い泉質かな?と思いました。しかし、硫黄成分の含有量は日本一だそうで、「さすが」と思いました。露天風呂や内風呂の数も多く、3つ並んだ露天風呂はそれぞれ湯温が異なるように加水によって調整されており、顧客への細かな配慮も感じられます。1つある混浴の露天風呂には知る限り毎回女性が入っており、時代の変化も感じた次第です。(てがさん)

万座プリンスホテル


白根山を背景に標高1800mに広がる自然は、高山植物の宝庫となる春、しのぎやすく涼しい夏、全山紅葉の秋、粉雪のスキーシーズンの冬と、四季を通じて楽しんでいただけるリゾートホテル。
[2011.11.26]
群馬県にある上州吾妻にある浅間隠山の山懐に抱かれた静かな一軒宿かやぶきの郷「旅籠」を推薦致します。古き良き時代を彷彿させて頂けます。我々夫婦と家内の姉と行きましたが、温泉も良く満ち足りた気分になりました。(閑愚哲)

かやぶきの郷
薬師温泉 旅籠


二百余年前より自噴する天然温泉を完全掛け流しで堪能でき、渓流温川沿い7000坪に点在するかやぶき家屋はまるでノスタルジックなテーマパークのよう。日帰りプランも有り、ペットにも対応しております。
[2011.12.3]
奥日光湯元温泉です。毎回、年末〜1月あたりにいっています。宿は毎回、『スパビレッジ カマヤ』さんです。すぐ横には、温泉寺、真後ろには源泉が沸く荒野が広がっています。当然、温泉も良質の硫黄泉!特に冬の雪見風呂は最高です。女将さん、従業員さんもとても親切で毎年、田舎に戻ったような感覚で伺っています。この時期、戦場ヶ原では星の観察会も行っており、この世とは思えない程の満天の星空を見ることが出来ます。昼間はかんじきを履いて散策する事もでき、都会育ちの私にはとても貴重な体験ができます!旧暦の節分には温泉寺にて、節分大会が開かれ地元の子供たちに混じって豆まきに参加し、地元の方々と触れ合うことも出来ました。夏も大変涼しく、温泉寺では入浴も可能です。お寺で温泉に入れるなんて、温泉大好き人間としては最高です!(にょきたろう)

スパビレッジ カマヤ


冬季シャトルバスの送迎を11月11日より24年4月27日まで行ないます。東武日光駅前広場発13:00当館発10:00要予約
[2011.12.3]
舞浜ユーラシア(千葉県)は、浦安の有名なテーマパークの近くにあるホテル兼入浴施設です。勿論パークの宿泊施設として利用する人が多いと思われますが、実は結構良いお湯です。源泉掛け流しの露天風呂は、赤みをおびた強い塩分を感じ、息を吸い込めば体が浮き上がりそうな濃さです。内湯などは鉄分が除去された循環風呂ですが、それでも多くの日帰り温泉に見られる塩素臭は少なく、清潔感も高い印象です。料金がやや高いのがネックですが、館内は快適で食事も美味しく、仮眠スペースやリラックスできる施設もたっぷりあります。夜には露天風呂やバルコニーからテーマパークの花火まで楽しめますよ!(ぶひお)

スパ&ホテル
舞浜ユーラシア


舞浜リゾート唯一の天然温泉100%のスパ&ホテルです。パークで思う存分遊んだ後は温泉に入ってゆっくり癒されてください。
[2011.12.29]
塩原温泉郷(古町温泉)「上会津屋」を推薦。特に食事が美味しい。料理の創りが丁寧で真面目。料理自体は変わったものは無いが美味しいものを客に提供しようという料理人の意気込みが感じられる。その他、接客も良いし、もちろんお風呂も良い。ちなみに向かい側に「会津屋」という宿があり、こちらと親戚関係にでもあるのかな?と思い訊ねてみたがなんの関係も無いとのこと。こちらの「洞窟風呂」もなかなかである。(ゆめまくら)

自家源泉の見える宿
旅館 上会津屋


塩原温泉街の中心にあり、清流箒川沿いに建つ。お風呂をはじめ、お食事処やロビー等、日本情緒あふれる落ち着いた静かなお宿。ゴルフプラン、日帰りプラン(0泊2食)etc
[2011.12.29]
山梨県早川町の西山温泉は、広大な野天風呂が味わえる、山梨でも数少ない穴場ではないでしょうか?石和、河口湖、下部の有名な場所もあるものの・・・自分は「ぬるい・塩素臭・宴会旅館多い」等、ガッカリすることが多いから、実は山梨に温泉へはあまり行きません。(山梨の方には申し訳ないです)しかし、甲州で数少ない「本当に温泉好きのための温泉」が鰍沢辺りから少し山に入った西山温泉です。勿論有名ではない、ホームページが無い穴場の温泉も数多くありますが、非常に小規模=あんまり教えたくない場所もあります。ここ西山温泉はナビに入力すれば比較的一本道で容易に行けますし、「逆さくらげ」的な盛り場がありませんから、静かに湯を楽しむには最適です。夕げのお膳には山の素朴な素材が並び、湯村や石和の様な豪華さこそありませんが、何故山へ来るの?の理由が楽しめ味わえます。静岡と山梨の県境には、実は知る人ぞ知る的な小さないい旅館が結構ありますYO!あれこれ寄りたい道の駅で買い物三昧より、14〜15時丁度位に旅館に入って、じっくりお湯そのものを楽しむ様な旅が、本当の贅沢であると実感できる場所ですよ〜(チョィ悪トラヴェラー)

全館源泉かけ流しの宿
甲州西山温泉 慶雲館


日本建築の粋を集め、西山の神秘の郷に咲いた風雅の宿。甲斐の山懐につつまれた秘湯は、多くの都人や名将、文人達に愛されつづけてきた。4つの自然湧出の源泉は、湯量も豊富。
[2012.1.13]
湯西川温泉の平家直孫の宿本家伴久(栃木県)を紹介します。数年前に訪れた時は、まだ道路の建築中で、鬼怒川から2時間以上もかけて狭い谷沿いの危険な道を走っていったものですが、非常に整備された道路が完成し、今や鬼怒川から30分程度の快適なドライブで到着できるようになり、かつての秘境の宿というイメージは一変されました。しかし、100歳になるという玄関前の赤くて丸い昔ながらの郵便ポストと、太鼓を鳴らしてのお出迎えは変わらず旅の疲れを癒してくれます。ここ湯西川温泉は、平安時代が終わり鎌倉時代になる源平の戦いに敗れた平家一門の落ち武者が身を隠しながらひっそりと生活を始めたところです。江戸時代の初めに湯治宿を開業してから350年近くがたち、一部はそのころの面影を色濃く残す本館はまさにタイムスリップ したような気分にさせられます。その古さゆえに好き嫌いは分かれることになるでしょうが、我々一行は皆が大変気に入った様子でした。夕食はやはり平家落人の歴史ある四国の祖谷渓の匠によるかずら橋で湯西川を渡ったところにある趣のある食事処で、囲炉裏を囲んでの囲炉裏焼きと会席料理に舌鼓をうちました。温泉はアルカリ性単純泉で、無色透明・無味無臭のサラサラのお湯で刺激がほとんど無く、肌に優しい美肌の湯・子宝の湯として親しまれているとのこと。露天風呂は川に面して見晴らしは良く、逆にいえば食事処への橋や公共の橋からもよく望むことができるのですが、女性にはちょっと勇気のいる露天風呂です。近くの鬼怒川温泉や川治温泉の不調が伝えられて久しいですが、この日は中国人と思しき団体を始め満室だったようで、歴史ロマンを求める旅人が多いことも実感しました。今年のNHK大河ドラマは平清盛となり、全国平家会会長でもある当旅館の大女将も湯西川温泉全体のさらなる発展を期待していることでしょう。(てがさん)

本家伴久


平家直孫を継承、湯西川温泉の囲炉裏と温泉発祥の宿。館内は全て清流沿いで銘木・土壁造りの古民家建築の古き時代を蘇らせ源泉100%かけ流しの湯と平家ゆかりの「かずら橋」を渡り炭火焼き囲炉裏料理で過ごす。
[2012.2.4]
群馬県の亀沢温泉美人の湯。不安になるほどひと気のない山の中に突如現れるログハウス。この中に温泉があります。お湯は無色透明、少しだけしょっぱい、ナトリウム・塩化物泉。広々した内湯と川に面した露天風呂。温度も適温で、川のせせらぎが聞こえていい感じ。優しいお湯で、つるつるした感触。家から近かったら、絶対通いたくなっちゃう温泉です。(よちこ)

美人の湯 亀沢温泉


「美人の湯」として好評の亀沢温泉が平成22年6月にリニューアルオープン。都心から2時間で癒しの一軒宿へ。お二人から大切な仲間での利用まで対応。送迎やご宴会のご相談も承ります。

お勧めサイト [温泉宿] [温泉] [源泉] [ホテル] [ハイクラス宿] [ペンション] [仕事] [英語]