源泉掛け流しの宿 口コミ情報(九州)
源泉掛け流しの宿

【口コミ情報】
北海道
東北2008
東北2009
東北2010
東北2011
関東2008
関東2009
関東2010
関東2011
信越2008
信越2009
信越2010
信越2011
東海2008
東海2009
東海2010
東海2011
北陸
関西2008
関西2009
関西2010
中国
四国
九州2008
九州2009
九州2010
九州2011








◆口コミ情報〔九州〕
[2011.1.23]
原鶴温泉・六峰舘をオススメします。宿から阿蘇、久住、英彦山等の六峰が見えることから名付けられたと言う宿です。温泉は、時間により男女入れ替わりますがが、内湯としては日帰り温泉のようなジャグジー等があるところと、昔ながら(たぶん宿ができてから使われ続けている?)のところ、また、屋上には露天風呂があり、隣接する筑後川をゆったりと眺めることができます。源泉掛け流しで、4階には部屋に露天風呂付きの特別室もあります。料理は細かい細工はないものの、地産地消の味、魚を中心としたもの、肉を中心としたものの3種類から選べ、とても美味しいです。福岡市から高速を使うと車で1時間半という丁度いい距離にあり、下道を走って景色を楽しむのもいいです。(まさかず)

六峰舘


博多より車で50分とアクセス便利。耳納連山を背景に、筑後川を見渡せる四階の和風露天は好評。全てのお部屋からのどかな川の流れと田園風景の眺めが広がる。おススメは専用の露天風呂付客室が人気。
[2011.3.23]
由布院温泉(大分県)御宿ゆふいん亭をオススメします。ついこの間(2月中旬)由布院温泉に行ってきました。「御宿ゆふいん亭」という旅館に泊まりましたが、素晴らしかったです。由布院の中心街にも徒歩で行けるロケーションにありながら、全室離れ風の部屋で、露天風呂かゆったりとした内湯が付いています。内湯は檜風の浴槽がしつらえてあります。全室床暖房なので冬でも快適です。温泉は、すべて源泉掛け流しです。寒い露天よりも内湯が好きな妻は、とても満足していて、温泉に入ってから何時間たってもずっとポカポカすると驚いていました。共同の露天風呂は、各部屋に風呂が備え付けられているためか、こじんまりとしたものでしたが、風呂を上がった所にちょっとした休憩所があり、「無料」のビールサーバーと温泉玉子(これも無料)が置いてありました。ビールは、食堂に持ち込みさえしなければ、自分の部屋や他のところに持っていくこともできましたので、ついついおかわりをしてしまいました。

またチェックアウト時には、由布院や別府にある姉妹旅館の格安割引券ももらえます。残念なことに、私が宿泊した日は雨が降っていて、客室からフロント・食堂のある母屋の間を傘をさして移動しなければならなかったのですが、傘は客室に揃えてありますし、それもまた旅の楽しみだと思えば風流に感じました。出発時も母屋から旅館の門のところまで荷物を持ってきてくれて、こちらが頼んでもいないのに「カメラをお持ちでしたら写真をお撮りしましょうか」と言ってくれ、タクシーを待たせながら写真撮影をしてくれたのも心に残りました。由布院の宿としていろいろな意味で満足できるのではないかと思います。(ナリカツ)

御宿 ゆふいん亭


すべて離れ形式の温泉付き客室でお寛ぎ下さい。湯上りの無料ビールサーバーのサービス、湯布院で売れた宿 3年連続 第1位、じゃらんネット(06、07、08年度)09年度3位
[2011.3.23]
由布院温泉のほとんど知られてない温泉宿を紹介します。名前はほたるの宿、仙洞といい金燐湖の畔にあります。車は道の片隅に3台ほどです。(金燐湖の駐車場は広くゆったりですが、仙洞には3分ほどかかります)仙洞のオススメはなんと言っても露天風呂でしょう。周辺の雰囲気もそうですが、こじんまりとした風情、昔風のたたずまいで底からの湧き出しもあり、ゆったりできます。私は由布院までは車で3時間ほどかかりますが、月1回来ています。立寄り湯でも500円ですが、近くの下ん湯、他浴場の安さもありますが一風変わった趣のある仙洞もおすすめします。泉質は、単純温泉(アルカリ性、低張性、高温泉)PHは8.7で一般的に美人湯。メタケイ酸も191と結構な保湿作用。この2つを兼ね備えた温泉ですよ。ぜひ一度行ってみては、どうでしょう。(スパカピバラ)

ほたるの宿 仙洞


木立に囲まれた田舎風の佇まいの宿。周囲には金鱗湖、民芸村と散策に便利。客室は洋室、和室、離れを用意。男女別露天風呂は滞在中いつでも入浴できる。例年5月下旬から6月上旬頃には「ほたる」が見れる。
[2011.4.9]
由布院温泉「二本の葦束」をおすすめします。結構数多くの温泉(ホテル&旅館)に宿泊しましたが、2・3番目?に高い宿泊費を支払ったんではないかと思います。(3万円近い?)由布院自体が高級でなかなか宿泊は厳しい温泉地なのでしょうが、いい思い出でした。完全「離れ」(1戸建て住宅の感じ)、純「和風」大露天風呂(20人はOK)あり貸切露天風呂も5ヶ所あり、ちょっと(かなり)贅沢な一夜、10年に一度くらいは・・?料理(食事処)も純和風「創作料理」?ゆったりとした時間を楽しむことができます。黒川温泉と並ぶ「女性が喜ぶ温泉地」でぜひ「ちょっとぜいたく」を楽しんでは・・

おやど 二本の葦束


新鮮な食材を使った料理、湯布院の良泉、おいしい空気…田舎の隠れ家ではゆっくりと時間が流れています。宮大工が意匠を凝らしたまるで文化財のような≪離れ≫で、贅沢にお過ごしください。
[2011.5.22]
つい先日、別府の鉄輪温泉に行ってきました。鉄輪温泉と言えば、別府八湯(別府温泉・浜脇温泉・観海温泉・堀田温泉・明礬温泉・柴石温泉・亀川温泉・鉄輪温泉)の一つです。別府と言えば、湯けむりたなびく温泉地で、至る所から温泉の蒸気が湧き上がっています。宿泊したのは、鉄輪温泉の「ホテル風月HAMMOND」というホテルで、勿論、温泉掛け流し、10種類の湯船があり、温泉が満喫できました。

窓を開けると、湯けむりたなびく温泉町が目の当たりに見られ、また直ぐ近くに「湯けむり散歩道」が整備され、地獄めぐりもできます。このホテル、値段も約1万円ぽっきりで、料理も多く、名物「地獄蒸し」も出て食べきれませんでした。別に宣伝料をもらったわけではありませんが、少しPRし過ぎましたかね。いや本当にお勧めの温泉旅館です。(gaku)

ホテル風月HAMMOND


風月館3・4階をリニューアルし開放感のある和室に生まれ変わり、ゆったりした時をお寛ぎ頂けます。夢たまて筥の温泉・ハモンド館屋上展望露天風呂・岩盤浴も人気。情緒ある鉄輪地区内にあります。
[2011.10.7]
長湯も良いが近くの寒の地獄温泉も、筋湯も好きです。久住地区は熊本との県境で10分も走ればどこかの温泉に行き着きますね。この地区は意外と穴場だと思います。(うまた)

山の宿 霊泉
寒の地獄旅館


古くから冷泉の湯治場として有名。ゆるめの冷泉と温泉2つの浴槽が備わる男女日替わりの切石・檜風呂のほか、3つの家族湯で楽しめる。客室はどこか懐かしさを漂わせる民芸調。夕食は、囲炉裏の食事処で堪能
[2012.1.3]
別府鉄輪温泉・山荘神和苑(大分県)は掛け流しの青い湯が楽しめるハイクラスの宿です。湯の色は入れ替え時期により異なるようですが、私の宿泊時は大露天風呂はほぼ透明、貸し切り露天がほのかな青色、部屋の内風呂がかすかな青でした。いずれもで湯量豊富で新鮮なものでした。夕食は鉄板焼き中心でメーンの豊後牛はとろける柔らかさ、朝食も適量で豪華でした。加えて夜食のおにぎりやチェックアウト時の温泉卵・焼き芋のサービスも嬉しく、お得な気分です。従業員の方々は若いながらも丁寧で、一生懸命な印象で好感を持ちました。立地も別府・地獄巡りの中心にあり観光にも便利です。条件次第ではリーズナブルに泊まることも可能で、また宿泊したくなるお宿でした。(ぶひお)

神秘の温泉と回遊
庭園の宿山荘神和苑


当苑の温泉は日ごとに色が変わる神秘の青湯で、お庭に、早咲きの樹木等、石造文化財を配した京風の庭園です。
[2012.2.18]
今月の初めに福岡県太宰府市にある天然温泉のホテル「ホテルグランティア太宰府」に行ってきました。ここは太宰府市唯一の天然温泉で、湯に入ると肌がツルツル、柔らかい感じの温泉でした。温泉の効能は、神経痛・筋肉痛・関節痛・冷え性・疲労回復、切り傷・慢性消化器病などに効果があるとか。日帰り入浴が出来るので、特に昼間は入浴客が多いみたいです。ホテルは、朝食付きのツインのプランでしたが、ベッドはセミダブルでゆったり、朝食のバイキングもまあまあ良好でした。値段も安いのでお勧めです。太宰府天満宮にも近いし、翌日は、九州国立博物館(車で10分程度)に行きました。(gaku)

太宰府天然温泉
ホテルグランティア太宰府
[2012.4.14]
別府温泉・ホテル清風をお勧めします。海辺のホテルで、朝一の屋上露天風呂は朝日が別府湾にきらめいており、日の出の太陽の道が一直線に湯船の中まで差し込んできます。西方浄土ならぬ東方浄土です。(ひらい)

別府ホテル清風


別府の中心に位置し繁華街にも近く、各交通アクセスにも大変便利な立地。清風竜宮料理と銘打った会席や旬の味覚会席など料理も充実。大浴場や展望風呂・家族風呂もあり。

お勧めサイト [温泉宿] [温泉] [源泉] [ホテル] [ハイクラス宿] [ペンション] [仕事] [英語]